使用する際の注意点

レーザー式使用上の注意点

家庭用のレーザー脱毛器が販売されていますが、医療用のクリニックが使っているような高出力のものではなく、低出力のものなので機能的にはフラッシュ式と大差ありません。

レーザー式の使用方法は、照射前に、ムダ毛を剃ってレーザーをあてやすくしておくことです。毛を抜いてしまうとムダ毛処理することができなくなりますので、ご注意ください。

次に、レベルを自分に合ったものに設定しますが、最初は一番出力の低い「レベル1」から始めて、しばらく使って効果が見られなければ徐々にレベルを上げてゆきます。

また、ピンポイントでレーザーをあてるため照射面積が少ないので、ムダ毛処理に時間がかかります。

見た目に変化が感じられなくても、肌の下では変化が起こっていますから、短気を起こして出力アップしないようにしてください。

家庭用脱毛器によるヤケドが報告されています。脱毛器の問題のように思ってしまいますが、使用者の誤った使用によるものも多いようです。

レーザーはメラニン色素に反応しますから、ムダ毛の濃い人、肌の色の黒い人、ホクロやしみ、アザなどの部分は避けてレーザーをあてましょう。

ムダ毛処理前の日焼けとムダ毛処理後の日焼けは肌にダメージを与えますから、日光をできるだけ避けてください。

ムダ毛処理するときに冷やしながら照射すると痛みを減らすことができます。照射後も、冷やすことで皮膚のダメージを軽減することができます。


【冷やす効果】
    
家庭用脱毛器でムダ毛処理すると、肌が熱を持ちます。どれぐらいの熱を受けるとヤケドするかというのは、さまざまなケースがあります。

温度が高いからヤケドするとも限らず、「低温ヤケド」といって、低い温度でも長時間熱せられると肌に炎症が起きるようです。

身近な例でいうと、携帯用のカイロや湯たんぽを長い間、肌にあてることです。電気毛布やホットカーペットなどでも起こることがあります。

炎症を起こしやすい場所ですが、皮膚が薄くて敏感なところは、ヤケドを起こす前に気づくので大事にはいたりません。

皮膚が厚くて感覚のニブイ、血流の悪くなった脚などに起こりやすいようです。

このことから、脚のすねなどをムダ毛処理する際には注意が必要です。また、背中やおなかといった広範囲な場所もムダ毛処理に時間がかかるため、低温ヤケドを起こす確率が高くなります。

低温ヤケドを防ぐ方法ですが、ムダ毛処理する前か後に氷や冷却ジェルで、脱毛箇所を冷やしながら行うことです。

同じ場所に何度も光を照射するのもよくありませんから、一気に脱毛せずに時間をかけて少しずつ行うようにしてください。

 

 

脱毛器ケノン
種類別家庭用脱毛器の特徴

 

脱毛サロンvs家庭用脱毛器

 

売れ筋

 

基礎知識

 

脱毛方法

 

使用する際の注意点

 

家庭用脱毛器の嘘・本当

 

家庭用脱毛器を比較する際のポイント

 

家庭用脱毛器のQ&A