脱毛方法

フラッシュ(IPL)

フラッシュ式とは、光エネルギーを利用して毛根にダメージを与える方法です。

エステで主流の処理方法で、「IPL(インテンス・パルス・ライト)」や「HPL(ホーム・パルス・ライト)」のようにエステにより光の種類が異なります。

フラッシュ、レーザー、ニードル式に比べると照射面積が一番大きく、広範囲を処理することができます。

痛みには個人差がありますが、レーザー式やニードル式よりも痛みの少ない方法といえるでしょう。 

また、広範囲が処理できるということもあって、短時間で処理が終わりますから肌へのダメージが少なく、
肌の弱い人に向いている脱毛方法かもしれません。

低出力だから肌へのダメージが少ないということはメリットと考えることもできますが、
その一方で、「効果が薄い...」と家庭用脱毛器としてのクレームとなることもあります。

出力が弱いと広範囲をムダ毛処理するには、それだけ多くのカートリッジを消耗するので、
ほかの低コストの商品と組み合わせることでコストを抑えることができるでしょう。


【フラッシュ式とレーザー式の違い】

フラッシュ式は、「IPL(インテンス・パルス・ライト)」とも呼ばれます。

光をあてるもの全般を指す場合もありますので、あまり名前にまどわされずに得られる効果を確認しましょう。


フラッシュ式は、エステサロンで主流になっている方法です。

レーザー式や針脱毛は、医療行為のできるクリニックでしか行うことができません。

両者の違いですが、フラッシュ式の方が料金が低く設定されており、一度に広範囲を処理できる方法です。

しかし、レーザー式より出力が弱いため、思ったような効果が得られない場合があります。

ヤケドや肌トラブルが起こったときに治療できないエステでは、出力が弱い機械を使っています。

通院期間は、エステもクリニックも2年ぐらいが目安のようです。

ヘアサイクルに合わせて脱毛を行いますから、どこでもその程度の期間は必要になります。


現在は、家庭用のフラッシュ脱毛器が普及していますから、精度が上がれば自宅か、

クリニックかの二択になるのではないかと思われます。


 

 

脱毛器ケノン
種類別家庭用脱毛器の特徴

 

脱毛サロンvs家庭用脱毛器

 

売れ筋

 

基礎知識

 

脱毛方法

 

使用する際の注意点

 

家庭用脱毛器の嘘・本当

 

家庭用脱毛器を比較する際のポイント

 

家庭用脱毛器のQ&A