脱毛方法

ワックスやテープ

ワックスやテープは、ワックスで(あるいはテープで)ムダ毛をからめて、一気にはがすという処理方法です。

はがすときにかなりの痛みが生じますが、毛根から根こそぎ抜くので、ムダ毛が再生するまでに時間がかかるというメリットがあります。

ワックスやテープによるムダ毛処理は、皮膚ごとはがすという乱暴なものですからあまりおすすめできません。

良い技術のなかった時代の極めて原始的な方法です。とくに肌の弱い人は、炎症や肌荒れを起こすおそれがあります。

ワックスには、液状のものとシート状になっているものがあり、「ワックスシート」は「テープ」同様に貼ってはがすだけなので、
簡単に利用できます。

ムダ毛がしっかりとワックスやテープにくっついていないと処理できませんから、長めにムダ毛が生えている状態で使用してください。

処理後には肌が炎症を起こしているので、冷やした後に保湿クリームで丁寧にお手入れしましょう。

【脱毛ワックスの成分】

ワックスに使われている成分ですが、

植物やフルーツなどでできている、肌に優しい「天然成分」を配合しているものがおすすめです。

食べることのできる成分のみ使っている、と表示されているものもあります。

成分だけ見ると自宅で作れそうですが、ムダ毛を抜くための硬さに調整するのが難しそうです。


なお、ワックス剤には、「ハード」と「ソフト」があります。

ハードワックスは、固めの成分配合でできており、ワックスペーパーが必要ありません。

長い毛や太いムダ毛を抜くのに適しています。


ソフトワックスの方は、ワックスペーパーの上にワックス剤を均一に塗って、肌に貼りつけて脱毛します。

ワックスペーパーは、やぶれにくい素材でできています。

ソフトワックスは、うぶ毛や細い毛を抜くのに向いているので、「ハード」と「ソフト」を上手に使い分けるとよいでしょう。


また、「油性ワックス」と「水性ワックス」があります。

両者の違いですが、水性ワックスは"水"で洗い流すことができ、油性ワックスだと、落とす際に"オイル"が必要になります。

ワックスは種類が豊富で、香りの良いものも少なくないので、使っていて楽しいと思いますよ。


 

 

脱毛器ケノン
種類別家庭用脱毛器の特徴

 

脱毛サロンvs家庭用脱毛器

 

売れ筋

 

基礎知識

 

脱毛方法

 

使用する際の注意点

 

家庭用脱毛器の嘘・本当

 

家庭用脱毛器を比較する際のポイント

 

家庭用脱毛器のQ&A