脱毛方法

家庭用脱毛器

エステ並みの機能を備えた、商品の価格が下がってきています。

脱毛機能だけでなく、美顔機能なども備えたものが売り出されているので、まさにエステに対抗した商品だと思います。

男女兼用のものもあり、男性向けの機能を備えているなど、徐々に女性のものというイメージではなくなりつつあります。

女性にはエステでムダ毛処理という選択がありますが、男性にとってメンズエステはまだまだハードルが高く、
女性に比べると男性に対するサービスは少ないようです。

購入している男女の比率は分かりませんが、電気シェーバーを複数持っていたり、
家電情報に詳しい男性であれば購入している確率は高いのではないでしょうか。

女性と男性をターゲットに売り上げを伸ばしていますが、誤使用によるトラブルもまた増えています。

自宅で手軽にムダ毛処理できるのは大きなメリットですが、安全面に不安があるというのが現状です。

購入前に、多くの情報を集めて比較検討し、使用前には取り扱い説明書をよく読んで、正しく使いこなすようにしてください。


【デリケートゾーン!?】

使用範囲ですが、

ワキの下、おなか、背中、手足以外に、"全身脱毛"を行えるとするものが増えてきています。

そのなかには、「デリケートゾーン」も含まれているみたいですね。

だいじょうぶなんでしょうか?


エステでも、デリケートゾーンのムダ毛処理を行っているお店はありますから、

気をつけてムダ毛処理すればやれないことはないと思いますが、

くれぐれもヤケドしないように、低レベルの照射で行ってくださいね。

高性能の商品は、照射レベルが細かく分かれています。

レベルが低いと効果も薄そうですが、様子を見ながら時間をかけてムダ毛処理した方がいいです。


照射するとあぶなそうなところには、前もって光があたらないように覆ってからはじめるといいかもしれません。

一度に広範囲を行うのではなく、部位を冷やしながら少しずつムダ毛処理しましょう。


エステティシャンはプロとはいえ、

デリケートゾーンのムダ毛処理って恥ずかしいですから、「家でできたらいいなぁ...」と考える人も多そうですよね。

また、デリケートゾーンだけじゃなくて、夏が近づくと家庭用脱毛器は、ビキニラインのムダ毛処理をするのに重宝しそうです。

 

 

脱毛器ケノン
種類別家庭用脱毛器の特徴

 

脱毛サロンvs家庭用脱毛器

 

売れ筋

 

基礎知識

 

脱毛方法

 

使用する際の注意点

 

家庭用脱毛器の嘘・本当

 

家庭用脱毛器を比較する際のポイント

 

家庭用脱毛器のQ&A