脱毛方法

プラズマ

プラズマ式は、レーザーより波長が長いキセノンフラッシュ光を使用した光脱毛の一種です。

基本的には、「フラッシュ式」や「IPL式」などと呼ばれる光脱毛と同じですが、照射面積はほかの光脱毛と比較して狭くなります。

レーザー式と比較すると痛みが少なく、光が照射されている部分は温かく感じる程度です。

しかし、IPL式と比較すると出力を落として照射するものが多く、より肌に優しいといえる方法かもしれません。

ただし、肌に優しい出力ということは、脱毛に対する作用が弱いということがいえるので、キレイに処理できるという目的からすると、
結果に満足できないことも考えられます。

エステサロンは他店との差別化をはかるために、次々と新しいエステ技術を発掘してきます。

さも最新の技術を導入したかのように宣伝されますが、新しい技術は使用後の症例が少なく、
その波長が肌に良いものなのか悪いものなのかの判断がつきません。

確実に安全に処理できている多くの症例を確認するようにしてください。その確認を怠ると、肌トラブルを起こしたときの保証はないでしょう。

【プラズマ式とフラッシュ式の違い】

プラズマ式と比較されることが多いのが、「フラッシュ式」です。

どちらも特殊な"光"をあてる方法ですが、大きな違いはないようです。

エステサロンではほかのサロンとの差別化をはかるために、いろいろな名前を付けて方法をアピールしていますから、名前にまどわされずに得られる効果を確認しましょう。


プラズマ式は、「キセノンフラッシュ」という光を用いて脱毛します。

一方、フラッシュ式には、「IPL(インテンス・パルス・ライト)」や「HPL(ホーム・パルス・ライト)」が用いられます。

それぞれ光の波長や出力が異なります。出力の方は、その都度変えることができると思いますので、担当のエステティシャンとよく話し合われた方がよいでしょう。

エステに行くと、ほとんど担当のエステティシャンにお任せですよね?

慎重な性格のエステティシャンだと、安全を考えて低い出力をあてていることがあるかもしれません。

出力が低いと安全ではありますが、思ったような脱毛効果が得られないことも。効果が薄い場合は、担当のエステティシャンに相談してみてください。



 

 

脱毛器ケノン
種類別家庭用脱毛器の特徴

 

脱毛サロンvs家庭用脱毛器

 

売れ筋

 

基礎知識

 

脱毛方法

 

使用する際の注意点

 

家庭用脱毛器の嘘・本当

 

家庭用脱毛器を比較する際のポイント

 

家庭用脱毛器のQ&A