脱毛方法

レーザー

レーザーは、ムダ毛のメラニン色素に照射して、毛根にダメージを与える方法です。

レーザーには、黒い色に吸収されやすく、白色に反射するという性質があるので、処理したい場所にホクロやアザがある場合、
そこを避けて照射する必要があります。

高出力の医療用レーザー式は、医師のいるクリニックでしか使用できませんが、
家庭用のレーザー脱毛器は出力を低く抑えているので販売されています。

レーザーは光脱毛と似ていますが、照射範囲が狭く、広範囲な場所だと脱毛に時間がかかります。また、照射部分に熱さや痛みを感じます。

しかし、それだけ光脱毛より効果は高いといえるでしょう。

レーザーを続けるうちに、徐々にムダ毛が生えにくくなっていきます。

毛抜きで抜いたり、電気シェーバーで剃ったりする方法と比べるとぼつぼつ肌にならず、仕上がりがキレイなレーザー脱毛です。


【レーザー脱毛した後】

レーザー脱毛した後には、ムダ毛が毛根ごとするりと抜けるようになります。

しかし、ムダ毛には太いものもあれば細いものもあり、脱毛する部位によっても抜け方は異なります。

レーザーは黒い色素に反応するため、出力が弱かったり、ムダ毛の細さによっては効果が得られないことがあるようです。

抜け落ちるのが待ちきれなくて、毛抜きで抜いてしまう人がいますが、肌に負担がかかりますからやめておきましょう。

中途半端な状態が気になる気持ちは分かりますけど、肌が落ちつくのを待ちながら、時間をかけてゆっくりと脱毛を行うことです。


脱毛した後は、肌が乾燥しやすくなるので、肌の状態を見ながら保湿を行ってください。

赤みが出て炎症を起こしているようであれば、保冷剤などで冷やすとよいでしょう。

また、レーザー脱毛後に要注意なのは、"日焼け"です。外出時には、必ず日焼け止めクリームを塗るようにしてください。

ムダ毛がなくなるということは、肌に異常が出る可能性が高まるということなので、十分な肌対策を行うことが大切です。

 

 

脱毛器ケノン
種類別家庭用脱毛器の特徴

 

脱毛サロンvs家庭用脱毛器

 

売れ筋

 

基礎知識

 

脱毛方法

 

使用する際の注意点

 

家庭用脱毛器の嘘・本当

 

家庭用脱毛器を比較する際のポイント

 

家庭用脱毛器のQ&A