脱毛方法

針(ニードル)

ニードルとも呼ばれる「針脱毛」は、毛根に細い針(ニードル)を刺して、電流や高周波を流す方法です。

面積の狭いワキの下などの脱毛に向いているといわれますが、針を刺すときに痛みがともないます。

この痛みを軽減するために麻酔をかけることもできますが、医療行為なのでクリニックでのみ可能です。

針脱毛を行う前には、処理部分のムダ毛を伸ばしておく必要があります。それを考えると、肌の露出の少ない季節に脱毛するか、
伸ばしていても差しつかえない場所を処理するかでしょう。

針脱毛は毛穴の一つ一つに細い針を差し込まなければなりませんから、施術する人の技術を必要とする脱毛方法です。

丁寧な方法なので確実に処理できますが、広範囲な場所だと時間とお金がかかりそうです。

エステでも針脱毛を行っていますが、皮膚の炎症や色素沈着などが起きるおそれがあることを考えて、
治療もできるクリニックの方がよいでしょう。


【針脱毛の上手なクリニック】

針脱毛は時間のかかる、もっとも技術が必要な方法だと思います。

医療クリニックでは、レーザーが主流となっており、「医療レーザー脱毛」と呼んでいます。

エステでは、医療レーザーが使えないことから、"光"による脱毛が主流です。


針脱毛は、「ニードル」とも呼ばれており、

毛穴のひとつひとつに細い絶縁針(ニードル)を刺し込んで、微弱な電流を流すことで毛根を破壊して、脱毛する方法です。

レーザーは、ムダ毛の色や太さにより処理にムラが出るため、キレイに処理したい人が針脱毛を選ぶようです。


針脱毛はとにかく、ムダ毛を抜くのに時間がかかりますから、

レーザーや光によるフラッシュで大部分のムダ毛を処理してから、針脱毛を利用するとよいでしょう。

ほかの方法に比べると痛みがあるので、局所麻酔をしてから処理を行います。

また、「麻酔クリーム」という商品があるようです。このクリームを塗ると、一時的にマヒして痛みを感じなくなります。

針脱毛もレーザー同様に、医療機関でしか施術できません。上手なクリニックでの処理をおすすめします。




 

 

脱毛器ケノン
種類別家庭用脱毛器の特徴

 

脱毛サロンvs家庭用脱毛器

 

売れ筋

 

基礎知識

 

脱毛方法

 

使用する際の注意点

 

家庭用脱毛器の嘘・本当

 

家庭用脱毛器を比較する際のポイント

 

家庭用脱毛器のQ&A