脱毛方法

カミソリで剃る

カミソリは、処理方法としては一番安上がりですが、肌の弱い人だとカミソリ負けしてしまいそうです。

カミソリ負けとは、ムダ毛の剃り跡が赤くなったり、痛みやかゆみの出る状態です。

また、カミソリで剃ると、剃った後のムダ毛が濃くなるという噂がありますが、本当でしょうか?

これは、濃くなるというより、ムダ毛をカットした断面が斜めになっていると切り口が大きくなって、全体的に濃くなったように見えるということだと思います。

実際にムダ毛が濃くなるわけではありませんが、汚く見えるということだけでも大きなデメリットです。

また、カミソリで剃ったときに肌にキズができて、そこからばい菌が入るということもあります。

まして同じカミソリを何度も使用する状態であれば、衛生的にも好ましくありません。

最近の電気シェーバーには、肌に優しいタイプのものが増えていますから、
カミソリを使う頻度が高い人は電気シェーバーなどに切り替えることをおすすめします。


【カミソリ負けについて】

カミソリによる脱毛方法の最大のデメリットは、「カミソリ負け」ではないでしょうか?

カミソリ負けの原因は、肌に傷がつくことによるもので、その人の肌質や肌のコンディションにもよります。


カミソリ負けを防ぐ方法ですが、

理髪店が、シェービングブラシを泡立てて行っている「ひげ剃り方法」が最適なようです。

切れ味の良いカミソリを使い、ひげの生えている方向に剃ります。

逆方向に剃る「逆剃り」は、肌によくないみたいですよ。

でも、逆剃りをした方がスッキリと剃り上げることができます。

肌の強い人は、逆剃りOKでしょう。


カミソリと肌をできるだけ接触させずに剃ることで、カミソリ負けを防ぐことができます。

それと、ひげ剃り前に、肌を守るためにベビーオイルを少しだけ塗っておくといいようです。

また、カミソリのホルダーの重さなども関係していますので、剃りやすい重さのホルダーがおすすめです。

メーカーも、カミソリ負けを防ぐことができるように商品開発に努力しています。


ひげ剃りは、たいへん奥が深い...です。テクニックを磨いて、カミソリ負けを防ぎましょう!

 

 

脱毛器ケノン
種類別家庭用脱毛器の特徴

 

脱毛サロンvs家庭用脱毛器

 

売れ筋

 

基礎知識

 

脱毛方法

 

使用する際の注意点

 

家庭用脱毛器の嘘・本当

 

家庭用脱毛器を比較する際のポイント

 

家庭用脱毛器のQ&A