基礎知識

肌が弱い人の処理法

肌の弱い人が脱毛で気にかけた方がいいことは、いかにして肌にダメージを与えずにムダ毛処理するかに尽きると思います。

それには、時間をかけてゆっくり脱毛することです。短期間での無理なムダ毛処理は肌にダメージを与えます。

また、時期でいえば、夏直前にムダ毛処理するより、露出の少ない冬にプランを立てた方がよいでしょう。

さまざまな方法がありますが、肌の弱い人に向いた脱毛器を順にあげると、
出力の弱い「フラッシュ式」、肌に負担をかけずにムダ毛を抜くことができる「ローラー式」、
細いムダ毛の処理に向く「サーミコン式」などです。

反対に避けた方がいいのは、「ワックス」や「テープ」のようにムダ毛をむしり取るタイプのものや、
強力なクスリでムダ毛を溶かす「クリーム」のように短時間で脱毛できる種類のものです。

肌の弱い人は脱毛後のケアも重要ですから、肌の弱い人ほど、エステに通ってプロの施術を受けた方がいいと思います。

エステの料金もかなり下がってきていますから、適正な料金のところを探して肌質を良くすることから始めた方がよいでしょう。


【肌が弱いけど、どうしても脱毛器を使用したい方へ】

敏感肌の人やアレルギーを持つ人は、肌へのダメージを考えて脱毛器を使用しましょう。

商品の中には、照射レベルが細かく分かれているハイグレードなものがあります。

たとえば、10段階に分かれているものの場合、5以下のレベルなら肌に優しく、それほどのダメージはないと思います。

ただ、照射レベルが弱くなれば、それだけ機能も弱くなります。ムダ毛処理を考える人にとっては、思ったように綺麗にできない...というのも問題ですよね。

肌の弱さとムダ毛の生え具合を考えて、長く時間をかけて少しずつムダ毛処理するしかありません。

ムダ毛には"ヘアサイクル"がありますから、ヘアサイクルに合わせて効率的にムダ毛処理することにより、肌へのダメージを少なくすることはできそうです。

全身のムダ毛のヘアサイクルは同じではないので、全身を細かく分けて脱毛するだけでも、一ヶ所にかかる負担は少なくなるでしょう。

また、肌が弱いといっても、顔と手足では皮膚の薄さが異なります。手足のように、肌の丈夫なところから脱毛を試すようにしてください。

あとは、小まめにスキンケアを行えば、炎症などを抑えることもできるのではないでしょうか?

 

 

脱毛器ケノン
種類別家庭用脱毛器の特徴

 

脱毛サロンvs家庭用脱毛器

 

売れ筋

 

基礎知識

 

脱毛方法

 

使用する際の注意点

 

家庭用脱毛器の嘘・本当

 

家庭用脱毛器を比較する際のポイント

 

家庭用脱毛器のQ&A