基礎知識

家庭用脱毛器と薬事法

家庭用脱毛器の価格が下がっており、家電ぐらいの値段になっているため購入する人が増えていますが、
高出力の脱毛器は薬事法により規制されています。

高出力のレーザー脱毛器の使用は医療機関でしか認可されておらず、エステサロンなども低出力のフラッシュ脱毛器を使用しています。

また、家庭用脱毛器の中にもレーザー脱毛器は登場していますが、これも同様の理由で出力は弱く設定されています。

なので、「家庭用脱毛器を購入したものの、出力が弱くて思ったほど脱毛できない...」という声があがっています。

価格が安いから脱毛のレベルが不十分なのではなく、薬事法の規制がある限り家庭用脱毛器の機能に限界があるということです。

短期間で満足のゆく脱毛を希望する場合は、医療機関でレーザー脱毛をするのがよいでしょう。

エステでたびたびトラブルが起こるのは、医療機関ではないので治療できないからです。
多くのお客様を扱い慣れているはずのエステでも起こるトラブルが、家庭で起こらないはずがありません。

ほかの項目で詳しく説明しますが、家庭用脱毛器は安全にはできていますが、使用法を間違えると危険なことも多くあります。

 

 

脱毛器ケノン
種類別家庭用脱毛器の特徴

 

脱毛サロンvs家庭用脱毛器

 

売れ筋

 

基礎知識

 

脱毛方法

 

使用する際の注意点

 

家庭用脱毛器の嘘・本当

 

家庭用脱毛器を比較する際のポイント

 

家庭用脱毛器のQ&A