基礎知識

使用後のケア

家庭用脱毛器のなかには、使った後のケアが不要というものもありますが、脱毛した後の肌はとてもデリケートになっています。

肌の状態を見て、赤くなっている場合には冷やしたり、乾燥しているような状態のときには保湿が必要です。

家庭用脱毛器とクリームやローションがセットになって販売されているものがありますが、自分の肌に合ったものを使えば問題ないと思います。

また、一度ムダ毛処理をしたら、次までに間隔を開けるようにしてください。

ムダ毛には毛の生え変わるサイクル「毛周期」があることと、肌を休ませる必要があります。

毛周期には、「成長期のムダ毛」、「退行期のムダ毛」、「休止期に入っているムダ毛」というサイクルがあるので、
一度にすべてのムダ毛を抜いてしまうことはできません。

ムダ毛が生え変わるサイクルには個人差がありますが、だいたい2?3ヶ月かかります。

その間は肌のお手入れをしっかりと行い、次のムダ毛処理に備えるようにしてください。

それと、脱毛した後は、日焼けに気をつけてください。夏は日差しが強いですから、弱った肌に強い刺激を与えないようにしましょう。


【強い刺激を避ける方法】

脱毛後は、肌を守るムダ毛を取り除いたことにより乾燥しやすく、デリケートになっています。

肌のダメージを抑える方法ですが、十分な保湿を行うことと、紫外線を避けることです。

肌にとって大敵なのは"乾燥"ですから、水分が蒸発しないように保湿効果の高いクリームやローションを使用するとよいでしょう。

化粧水のような水分の多いものは蒸発しやすいので、油分の多いスキンケア商品を使ってください。

また、目に見えない紫外線を避けるのは、思った以上にたいへんです。

季節や時間帯によって紫外線量の多い季節、少ない時間帯があります。日照時間の多い夏や昼間に増えることはご存知だと思いますが、地面からの照り返しとか着ている洋服による違いなど、注意した方がいいポイントがあります。

シミやシワのできる原因は、紫外線による影響が大きいので、できるだけ肌をおおうことです。

黒っぽい服は、どうしても夏は暑苦しく感じられますが、白だと紫外線を通してしまいます。

基本的な対策としては、帽子や日傘、サングラスなどを使用、UVカット加工されている洋服を着用、小まめに日焼け止めクリームを塗ることで、肌を紫外線のダメージから守ることができるでしょう。


 

 

脱毛器ケノン
種類別家庭用脱毛器の特徴

 

脱毛サロンvs家庭用脱毛器

 

売れ筋

 

基礎知識

 

脱毛方法

 

使用する際の注意点

 

家庭用脱毛器の嘘・本当

 

家庭用脱毛器を比較する際のポイント

 

家庭用脱毛器のQ&A