基礎知識

選び方

家庭用脱毛器の価格がたいへん安くなっています。

人気が高く売れているのは、エステサロンでも使われている「光脱毛」と呼ばれるものです。

ムダ毛処理で何が面倒だといって、すぐにムダ毛が生えてきて、延々と処理を続けなければならないことではないでしょうか?

そういったムダ毛処理にうんざりしている人には、フラッシュ式がおすすめです。

といっても、安くても数万円しますから「失敗したくない...」という人は、返金保証のある商品を購入されるとよいでしょう。

ところで、本体価格は安くなっていますが、フラッシュ式は消耗品であるカートリッジにお金がかかります。

カートリッジの使用を最小限に抑えるには、ローラー型やシェーバー型といったあまりコストのかからない商品を上手に組み合わせて使うことです。

家庭用脱毛器を一つだけ選ぶより、複数種類持つことをおすすめします。

いずれの商品にも長所と短所がありますから、部位ごとに違ったタイプの商品を使った方が、結果的にコストカットになります。


【部位ごとに合った脱毛器の選び方】

部位は、顔、ワキの下、腕、おなか、背中、脚、デリケートゾーンなどに分かれます。

多くの家庭用脱毛器は、このすべての部位に対応しています。

しかし、本体価格は安価になってきていますが、使用するには、その都度カートリッジを購入する必要があります。カートリッジは消耗品です。

エステで全身脱毛を行うのに比べれば安あがりですが、それなりにコストがかかります。

カートリッジの使用を最小限に抑えるには、ローラー型やシェーバー型といったあまりコストのかからないものを上手に組み合わせて使うことでしょう。

使用しているうちにだんだんムダ毛が少なくなっていきますから、ほかのものでも対応が可能です。

また、使用する前に、シェーバーやカミソリなどでムダ毛を短くしておくことで、効率よく脱毛することができます。

ちなみに、デリケートゾーンにも使えることにはなっていますが、メーカーは積極的に推奨しているわけではありません。

肌は、部位ごとに皮膚の厚さが違いますし、背中などが脂っぽいのに比べて、手足は乾燥しやすい場所です。

そのダメージに合わせてアフターケアが異なりますから、後のお手入れをよく考えて使用するものを決めてください。

 

 

脱毛器ケノン
種類別家庭用脱毛器の特徴

 

脱毛サロンvs家庭用脱毛器

 

売れ筋

 

基礎知識

 

脱毛方法

 

使用する際の注意点

 

家庭用脱毛器の嘘・本当

 

家庭用脱毛器を比較する際のポイント

 

家庭用脱毛器のQ&A