家庭用脱毛器の嘘・本当

生理中・妊娠中だと使えないって本当?

生理中や妊娠中だと家庭用脱毛機は使用できないという話を聞いたことはありませんか?
安全に家庭用脱毛機を使用するためにも生理中や妊娠中の脱毛が
肌にどのような影響を与えるのか理解しておきましょう。

まず、生理中の家庭用脱毛機の使用についてお話していきます。
脱毛サロンの場合だと生理中は施術を断られることが多く、予約の変更を促されます。
施術を断る理由は大きく2つあります。

1つ目は衛生面です。
生理中は衛生面を考えるとデリケートゾーンの脱毛ができません。
無理に行ってしまうと感染症を引き起こす可能性があるので、
基本的にどのサロンも生理中の脱毛を拒否しています。

2つ目の理由はホルモンバランスの変化です。
生理中はホルモンバランスが乱れるため、肌がいつも以上に敏感になります。
いつもは耐えられる脱毛の刺激に負けてしまい、
肌トラブルを起こす可能性がありますし、肌が敏感になっているので痛みも強いです。

この「衛生面」と「ホルモンバランスの変化」といった2つの理由から
脱毛サロンは施術を断っています。
家庭用脱毛機には、生理中に使ってはいけないというルールはないので、
使用すること自体に問題はありません。
しかし、なにかあっても自己責任になります。

先ほども説明しましたが、生理中はホルモンバランスの影響で肌トラブルを起こしやすいです。
無理に使用すると赤く腫れたり、ニキビ・吹き出物ができることがあります。
さらに痛みを普段よりも強く感じるため、ストレスも溜まるでしょう。
生理中の家庭用脱毛機の使用には、このようなリスクがあるので、
できれば使用しない方がいいといえます。
どうしても使いたい場合は、出力レベルを下げたり、保湿を十分に行うなどして、
肌への負担を減らすようにしてください。

次に妊娠中の家庭用脱毛機の使用についてですが、
結論からいうと脱毛自体おすすめできません。
妊娠するとホルモンバランスが乱れて毛深くなるため、ムダ毛処理をしたくなりますが、
母体・胎児に影響を及ぼす可能性があるので注意してください。
それにムダ毛処理をしてもこの時期はホルモンバランスの影響で毛が濃くなりやすいので、
目立った効果を実感できません。
同じような理由で脱毛サロンに行っても妊娠中の女性は断られます。
妊娠中どんどんムダ毛が濃くなっていくのがストレスに感じるかもしれませんが、
デメリットが大きいので、授乳を終えてホルモンバランスが安定してから
脱毛を始めるべきです。

 

 

脱毛器ケノン
種類別家庭用脱毛器の特徴

 

脱毛サロンvs家庭用脱毛器

 

売れ筋

 

基礎知識

 

脱毛方法

 

使用する際の注意点

 

家庭用脱毛器の嘘・本当

 

家庭用脱毛器を比較する際のポイント

 

家庭用脱毛器のQ&A