家庭用脱毛器の嘘・本当

子供も使えるって本当?

家庭用脱毛機は大人でも子供でも使えます。
そもそも脱毛に何歳からといったルールはないので、極端な話、
小学生が行っても問題ありません。
実際に脱毛をしている小学生や中学生もいます。

ただし、子供が家庭用脱毛機を使用するなら第二次性徴期を過ぎてからの方がいいでしょう。
その前から使用しても効果はありますが、第二次性徴期前だとホルモンバランス・毛周期が
安定していないため、満足いく効果を実感できない可能性があります。
せっかく脱毛してもまたムダ毛が生えてくることが多いので、家庭用脱毛機を利用するにしろ、
脱毛サロンに通うにしろ、第二次性徴期を過ぎてからが理想です。

「子供に脱毛なんて必要ないのでは?」と思う人も多いかもしれませんが、
毛深いことが理由でからかわれたり、いじめられることがあります。
毛深いことは男の子ならまだしも女の子にとっては深刻な悩みです。
これが理由で登校拒否する女の子もいるので、自分の娘がムダ毛に
コンプレックスを抱えている場合は脱毛を検討してあげるのもいいかもしれません。

ちなみに子供が脱毛サロンで全身脱毛をしようとすると
10万円から20万円かかるといわれています。
この料金はほとんど大人と変わりません。
しかも、大人だと一度脱毛してしまえばムダ毛の処理をする必要は
ほぼなくなりますが、子供の場合は違います。
脱毛してからまた生えてくるかもしれないので、大人以上にお金がかかる可能性があります。
そう考えるとわざわざ脱毛サロンに行かなくても家庭用脱毛機で十分ですよね?
家庭用脱毛機なら仮に毛が生えてきても脱毛サロンのように
お金はかかりませんし、気づいた時にすぐに処理できます。

子供が家庭用脱毛機でムダ毛を処理すること自体は問題ないですが、
脱毛後のスキンケアは大人以上にシビアになってください。
大人だとスキンケアをしないとどうなるのか理解しているので念入りに行いますが、
子供はよく分からないのでスキンケアを怠ってしまうことが多いです。
小さな子供の場合、脱毛後のスキンケアを子供に任せるのではなく、
親が行ってあげてください。

また、子供が家庭用脱毛機をする際、気をつけたいのが日焼け対策です。
日焼けした肌には使用できないので、日頃からUVクリームを塗るなど
日焼けをしない工夫をしましょう。

脱毛するかどうかは親が決まるのではなく、本人が決めることです。
子供がムダ毛にコンプレックスを持っていないのであれば、無理に行う必要はありません。

 

 

脱毛器ケノン
種類別家庭用脱毛器の特徴

 

脱毛サロンvs家庭用脱毛器

 

売れ筋

 

基礎知識

 

脱毛方法

 

使用する際の注意点

 

家庭用脱毛器の嘘・本当

 

家庭用脱毛器を比較する際のポイント

 

家庭用脱毛器のQ&A