家庭用脱毛器の嘘・本当

家庭用脱毛機は痛いって本当?

家庭用脱毛機は痛そう・・・そんなイメージを抱いている人は多いでしょう。
結論から言いますが、痛みはあります。
残念ながら全く刺激や痛みのない家庭用脱毛機はありません。

「それなら脱毛サロンに行こうかな」と思った人もいるかもしれませんが、
これは家庭用脱毛機だけに限ったことではなく、脱毛サロンも同じです。
脱毛サロンに行っても大なり小なり痛みは感じます。
つまり、脱毛したいならある程度の痛みは覚悟しないといけないというわけです。

家庭用脱毛機の脱毛が痛いといっても
脱毛クリニックの医療脱毛に比べるとたいしたことありません。
医療脱毛は家庭用脱毛機や脱毛サロンよりも痛みが強く、
中には痛みを我慢できず、その日でやめてしまう人もいます。
特に毛穴に電気針を差し込んでムダ毛の処理を行うニードル脱毛は痛みが強いことで有名です。
過去に医療脱毛を体験したことがある人なら
家庭用脱毛機の痛み程度なら気にならないでしょう。

とはいっても具体的にどのくらい痛いのか気になるはずです。
家庭用脱毛機の種類・商品によって痛みは異なりますが、
一般的に輪ゴムで弾かれた程度と表現されています。
痛いといえば痛いですが、我慢できる痛みではありますよね?

痛みが気になる場合は少しでも肌への刺激の少ない家庭用脱毛機を選んでください。
おすすめはフラッシュ式の家庭用脱毛機です。
フラッシュ式の家庭用脱毛機はレーザー式とは違って、
エネルギーが肌にダイレクトに伝わらず、拡散されます。
威力はレーザー式の方が上ですが、肌への刺激はフラッシュ式の方が優しいです。
肌のことを考えるならレーザー式ではなく、フラッシュ式の家庭用脱毛機がおすすめです。
さらに同じフラッシュ式でも商品によっても痛みが違うので、
販売サイトの情報や口コミなどを参考にチェックしてください。

また、照射する部位や肌の状態によっても痛みは異なります。
ワキ・顔・デリケートゾーンなど皮膚の薄い場所やムダ毛が濃い場所ほど
痛みが強くなると思ってください。
日焼け肌も痛みを感じやすいので、脱毛を始めた場合は日焼けをしないように
紫外線対策を念入りに行いましょう。
脱毛サロンでも日焼けをした場合は施術を断られます。

初めて家庭用脱毛機を使用する人は、最初から出力レベルをMAXにするのではなく、
慣れるまで出力レベルを抑えましょう。
刺激に慣れてきたら少しずつレベルを上げていくという流れが理想です。
使用中に肌に異変が現れた時は、すぐに使うのをやめてください。

 

 

脱毛器ケノン
種類別家庭用脱毛器の特徴

 

脱毛サロンvs家庭用脱毛器

 

売れ筋

 

基礎知識

 

脱毛方法

 

使用する際の注意点

 

家庭用脱毛器の嘘・本当

 

家庭用脱毛器を比較する際のポイント

 

家庭用脱毛器のQ&A